論語(述而編)より


子曰く、蓋し知らずしてこれを作す者あらん、
我はこれなくなり。多くを聞きて、その善き者を択びてこれに従う。
多く見てこれを識す。知の次なり。


f:id:torimaki:20071106103201j:image