過猶不及


子貢問う、師と商と、たれか賢れると、
子曰く、師は過ぎたり、商は及ばずと。
曰く、然らば則ち師は、まされるかと。
子曰く、過ぎたるはなお及ばざるがこときなり。

(「論語 先進編」)より


f:id:torimaki:20080923210738j:image