蟹、破戒

「蟹工船」が50万部ほど売れているという。


僕は文芸誌の発行部数である2〜3万部が純文学のマーケットだと思っているので、
ふだん文学を読まない人達も、この本を多く購入したと思っている。


ただ、どうだろう。途中読みにくい部分があることを考えると、
最後まで読んだ人の数は、販売部数とかなり離れているのではないだろうか。
途中でドーナツを食べ始めたり、そのままブックオフに売ったりさ。


ところで、格差と差別の違いは、よく分からないが、
差別を扱った代表的な小説と言えば、島崎藤村の「破戒」だろう。


こちらは「蟹」に比べると、社会の風潮に虐げたけられた人の
心の動揺まで描かれているように思う。