本の値段


現在は、メーカーが商品の値段を決めることは、
独占禁止法(だったかな?)で禁止されている。


基本的には、スーパーや量販店といった
売り手側に、値段の設定が任されている。


なので、メーカーが
消費者にダイレクトに商品を売る場合、
新聞紙上の広告には「希望小売価格」
(メーカーが指定した価格ではなく、あくまでも希望する価格だよ)
という、言い訳めいた表示を入れなければならない。スッキリしないねぇ。


一方、例外として、法的に、メーカーというか、
作り手に値段の設定を任されている場合もある。


例えば、新聞は、新聞社で値段が決められているし、
書籍や雑誌は、雑誌社で値段が決められている。


ヤマダ電機とヨドバシカメラでは、
パソコンの値段は違っていても、


書籍や雑誌の場合は、紀伊国屋で買っても、
ジュンク堂で買っても同じ値段なわけ。


じゃぁ、ブックオフや、
オークションで消費者が値段を決める
ヤフオクはどうなんだというツッコミは不要。
そこまで、分からんわ。