論語の一節


論語の一節より。(ここ1年、凝っているのであった)


子曰く、仁遠からんかな、我仁を欲すれば、ここに仁至る。

(述而編)


子曰く、恭しくして礼なければ即ち労す。慎んで礼なければ即ち思す。
勇にして礼なくば即ち乱す。直にして礼なければ即ち絞す。

(泰伯編)


f:id:torimaki:20080618085527j:image