外にとぐろを捲き出させる

漱石のシビアな小説は、問題を浮き彫りにし、
後は読者に任せる場合が多いと思う。


ただ、「彼岸過迄」では珍しく、自意識過剰の主人公に対し、
登場人物のひとりに、次のように語らせている。




「内へ内へと向く彼の命の方向を逆にして、
外にとぐろを捲き出させるより外に仕方がない。


外にある物を頭へ運ぶために眼を使う代わりに、
頭で外にある物を眺める心持ちで眼を使うようにしなければならない。


天下にたった一つで好いから、
自分の心を奪い取るような偉いものか、美しいものか、優しいものか、
を見いださなければならない。