ドスト氏が読まれているって?

ドストエフスキー
カラマーゾフの兄弟』の新訳が読まれているらしい。


…まぁねぇ、ドスト氏の小説に登場する人たちは、おおよそ、
自分で考え、自由にふるまっているんだわ。


その結果、逆にエゴに振り回され、破滅してしまう。


ワシの読んだ限りでは、救われたのは『罪と罰』の
ラスコーリニコフくらいやな。最後の方でねぇ。


ところで、いま『白痴』を読んでいるが、
読む時間があったり、なかったりで、なかなか前に進まないのであった。