2009-06-23から1日間の記事一覧

「カラ兄」

ドストエフスキーの「カラマーゾフの兄弟」を読んだのは、 ずいぶん前のことである。 詳しい内容は忘れてしまったが、本来、運命や社会が分担することを 個人で全部背負い込んでしまい、そして追いつめられてしまう、、、 そのような読後感は覚えている。 同…